助成金とは?

設立当初だからこそ、申し込める助成金や人材募集による助成金など多様な助成金が国から実施されています。
特に昨今、失業率の上昇から、人材雇用による助成金が多数ございます。
イラスト
●人材確保等支援助成金
中小企業者が新分野進出等(創業・異業種進出)に伴い、新たに基盤人材又は基盤人材の雇入れに伴い一般労働者を雇い入れた場合に賃金の一部を助成する制度です。
●地域創業助成金
地域に貢献する事業を開業し、非自発的離職者(65歳未満)1人以上を含む2人以上の労働者を雇用した場合に、新規創業に係る経費及び労働者の雇入れについて奨励金が給付される。
●中小企業労働時間適正化促進助成金
特別条項付き時間外労働協定を締結している中小事業主等が、働き方の見直しを通じ、労働時間の適正化に取り組んだ場合に、その実施した内容に応じて支給するものです。
●中小企業子育て支援助成金
中小企業(従業員100人以下)で、初めて「育児休業取得者」又は「短時間勤務適用者」が出た場合、厚生労働省の「育児・介護雇用安定等助成金」制度に上乗せして助成金を支給します。
●パートタイム助成金
パートタイム労働者に、一定の雇用管理面での改善を図る等他の事業主の模範となる取組を行う中小企業事業主(モデル事業主)に対する助成金制度です。
●トライアル雇用奨励金
トライアル雇用奨励金とは、最初の短期間を試験的に雇用し、その仕事の未経験者の労働者の仕事の順応度や適正をその期間で判断した後、正式な労働者として雇用する制度を 設置した会社に対して、助成される奨励金です。
●特定求職者雇用開発助成金
高年齢者や障害者などの就職困難者をハローワーク又は適切な運用を期すことができる有料・無料職業紹介事業者の紹介により、継続して雇用する労働者として雇い入れる事業主に対して賃金相当額の一部の助成を行う。
●介護基盤人材確保助成金
介護分野へ新規に創業開始する事業主、新サービスに進出する事業主が、事業の運営上必要な中核をなす人材を雇入れた時に雇入れた人数に対して支給される助成金です。


疑問質問ございましたらお気軽にお問い合わせください